コミック
スポンサードリンク

<

災害に備えよう

防災のための備え・・・災害のために備えておくもの

 大きな災害が発生すると数日間生きていくために必要な物資が供

給されないという事態が想定されます。このため備蓄品は3日分以

上を目安に備蓄します。

【飲料水】

 1人1日3リットルが目安

【食品】

 缶詰、お菓子類、レトルト食品など

【固形燃料】

【風呂の水を汲み置きしておく】

 トイレの流し水や簡単な洗濯等使い道は多い。


 また、夜地震が起きた場合に備えて、枕元に懐中電灯、スリッパ、

(ガラスの飛散に備えて)、ホイッスルを飛び散らないように袋に

入れておきます。

 家族の中に赤ちゃんや高齢者、体の不自由な方がいる場合は、粉

ミルク、哺乳瓶、おむつ、おんぶひも、ミネラルウォーター、防寒

着、帽子、衣類、バッグ、常備薬、看護用品を備えておく必要があ

ります。

 救出・防災対策用具として、消火器、三角バケツ、バール、のこ

ぎり、ロープ、軍手、スコップ、ジャッキ、応急救護用品、テント、

寝袋、毛布、ビニールシートなどは取り出しやすい場所にあらかじ

め用意しておくと良いでしょう。

ホームシェルターベッド

災害に備えよう

防災のための備え・・・非常持ち出し品

 非常持ち出し品は非常持ち出し袋(リュックサック等)に詰めて

目に付きやすい場所に置いておきます。非常持ち出し袋の重さの目

安は男性用15kg、女性用10kgまでとします。

 非常持ち出し袋の中身は


【貴重品】

 印鑑、現金、10円玉(公衆電話用多めにテレホンカードは使えな

い可能性アリ)、預貯金通帳、健康保険証、運転免許証、証書類

(注)コピーをとれるものはあらかじめとっておく


【食品等】

 飲料水、缶詰、インスタントラーメン、お菓子類、乾パン、割り

箸、紙皿、紙コップ、缶切、栓抜き

(注)飲料水、食品は3日分程度、定期的に(たとえば1年)交換する。

  食品は調理せずに食べられるものにする。


【防災用品】

 FM・AMラジオ、懐中電灯、予備の電池、万能ナイフ、ロープ、

マッチ、ライター、ろうそく、ビニールシート、ヘルメット、マス

ク、軍手、救急箱


【衣類・寝具】

 下着、靴下、防寒具、雨具、タオル、毛布、使い捨てカイロ


【日用品】

 洗面具、ティッシュ、ごみ袋、おむつ(必要な場合)、生理用品、

予備のめがね

阪神大震災を教訓に考案された避難用リュック。
http://www.store-mix.com/ko-bai/product.php?afid=11109249&pid=132128&oid=1755&hid=175603&aftype=pct10

非常用持ち出し袋セット
http://www.store-mix.com/ko-bai/product.php?afid=11109255&pid=1046863&oid=194&hid=175603&aftype=pct10

<<前の2件  .. 5 6 7 8 9..  次の2件>>


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。