コミック
スポンサードリンク

<

いざ災害が発生したら

防災 震災が発生したとき ガス漏れに注意

 ガスコンロやガスヒーターなどガス器具にはガス遮断装置が

装着されていますが、震災の際には遮断装置が機能していないことも

想定されます。

 このため大きな地震が発生したら電気のブレーカーと同様に

ガスも元栓を締めます。

 阪神淡路大震災のときも地震が落ちついてから停電している家に

貴重品を取りに入り、暗いため仏壇のロウソクに火をつけようと

マッチを擦った瞬間に漏れていたガスに引火し、爆発を

起きるということが実際にあったそうです。

 大地震の後は火気厳禁です。自分達だけでなく、近所にも火を

使用しないよう声をかけましょう。

応援お願いします。
人気ブログランキングへ

いざ災害が発生したら

防災 震災が発生したとき 公共機関はあてにならないと考えるべき

 いざ地震が発生した場合、当然のことながら地域一帯で

同時に災害が発生しているため、すべての現場に公共機関の手が

まわるとは到底考えられません。

 このため当面自分達で何とかしのぐことが必要です。

 当初3日間は食料が届かない可能性が高く、食料は自分達で

調達しなければなりません。

 また建物の下敷きになった人がいる場合や火災が発生した場合でも

消防車はまずきません。次々と起こるいろんな事態にその場にいる

人達でなんとか対処しなければなりません。

 そのためにもできることであれば普段から近所づきあいを大切に

しておくべきでしょう。

 普段近所づきあいがなくても、この際気持ちを切り替えて周りの

人達と力を合わせていろんな問題を解決するものと心得ましょう。


応援お願いします。
人気ブログランキングへ

【スピード便対応:九州】 【送料無料】天然アルカリミネラル温泉水天然の活性水素と抜群のミ...

いざ災害が発生したら

防災 地震が発生すると ガラスが怖いA

 地震の際は家の中でもガラスに気をつける必要があります。

窓ガラスが割れてしまうことは勿論気をつけなければなりませんが、

食器棚や人形ケースなど家の中のガラスも割れて床などに散乱して

しまうことも考えておかなければなりません。

割れたガラスを踏んで怪我をしないよう、スリッパなどをどこに

いても履けるようにしておくことが大切です。

 また自宅のガラスにはガラス飛散防止フィルムを貼っておくと

驚くほど散乱を防ぐことができます。

 飛散防止フィルムは、ガラスの飛散を防止するだけでなく、

断熱効果や割れにくくなるため防犯効果があります。また、紫外線を

通さない材質のものはカーペットや畳の日焼け防止にもなり大変

お薦めです。

割れたガラスの飛び散りを防止!!ガラス飛散防止フィルム 4枚組

いざ災害が発生したら

防災 地震が発生したとき  ガラスが怖い@

 機会があれば街中でどのビルでもいいので下からビルを見上げて

みてください。どのビルも相当量のガラスが使用されていると思います。

特に最近はカーテンウォールといい、外壁のほとんどがガラスで

覆われているビルも多いですね。

 一旦大きな地震が発生するとこれらのガラスが割れて

次々と落ちてきます。

 割れたガラスは大きな破片のまま、空気抵抗の関係から鋭くとがった

分分を下にして落下してきます。

鋭利な刃物が大量に降ってくるようなものです。

考えただけでもぞっとしますよね。

 街中を歩いていて地震に遭った場合はガラスが凶器となって

降ってくることを頭に入れておくことで、被害を最小にしましょう。

応援お願いします。
人気ブログランキングへ

いざ災害が発生したら

防災 地震が発生したときの行動

 地震が発生したら、まず何をすべきか考えてみましょう。

 大きな地震が発生したらまず、外に逃げることを考えましょう。

どんなに新しい家であっても絶対に倒壊しないとは言いきれません。

そのため、まず外へ逃げることを考えます。また、建物の倒壊を

免れても玄関のドア等がゆがんでしまい、ドアが開かずに外に

出られないことも考えられます。出入り口はゆがんでしまう前に

あけてしまうことが必要です。

 阪神淡路大震災では多くの家屋が倒壊しました。

このような状況ではまず何をさしおいても建物の外に逃げることを

考えるべきなのです。

応援よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。