コミック
スポンサードリンク

<

防災非常時に役立つ防災のための備えと防災グッズ静岡で防災グッズを捜す > 災害に備えよう > 防災 震災が発生したとき 停電時より復旧した時が怖い

災害に備えよう

防災 震災が発生したとき 停電時より復旧した時が怖い

 大きな震災が発生し、停電してしまうことがあります。

 その場合まず何をするか・・・。

 意外なことかもしれませんが、電気のブレーカーを落としておくことです。

 それはなぜか・・・。

 地震で電気ストーブに衣服などが接してしまっていたり、

エアコン、テレビなどが故障してしまっていることが考えられるのです。

 もし、停電が復旧し、これらの電気製品に通電することにより

最悪の場合火災が発生してしまうことも考えられます。

 このため停電した時点でブレーカーを落としておき、電気製品の

コンセントもすべて抜いておきます。

 その上で復旧したらブレーカーを入れ、電気製品のコンセントを

1つずつ差して動作を1つずつ確かめていくことが必要です。

 特に水に浸かった電気製品は素人判断は危険なので、電気店に

相談しましょう。

応援お願いします。
人気ブログランキングへ

<<防災 震災が発生したとき 公共機関はあてにならないと考えるべき | 防災非常時に役立つ防災のための備えと防災グッズ静岡で防災グッズを捜すトップへ | 防災 震災が発生したとき ガス漏れに注意 >>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。