コミック
スポンサードリンク

<

防災非常時に役立つ防災のための備えと防災グッズ静岡で防災グッズを捜す > 災害に備えよう > 防災グッズ 倉庫など置き場所に余裕がある場合においておくと役立つもの

災害に備えよう

防災グッズ 倉庫など置き場所に余裕がある場合においておくと役立つもの

 都会ではなかなか場所を確保することが難しいと思いますが、

もし余裕があれば用意しておくとよい防災グッズ

紹介します。

○小型発電機、コードリール(延長コード)、予備の燃料

 停電時に電気が使用できると何かと便利です。


○米10kg、缶詰などの食料、アウトドア用の炊事セット

 これらで暖かい食事が作れます。

 災害時は暖かい食事が恋しくなります。


○簡易トイレ、消臭剤、凝固剤、トイレットペーパー

 災害が発生すると水道が止まってしまうということを

想定しておかなければなりません。

 汚い話ですが、阪神淡路大震災では、いたるところで便が

あふれてしまったそうです。

ひとつあったらホントに便利!災害時や、緊急時にも最適です!本格派ポータブル水洗トイレ



○バール、ロープ、のこぎりなど

 瓦礫の下敷きになってしまった人を助ける際にあると非常に役立ちます。

 その他大工道具などがあれば何かと役に立ちます。

○ゴミ袋、テント、寝袋、毛布など

 これらもあると何かと便利です。

<<防災グッズ 車のトランクなどに入れておくとよいもの | 防災非常時に役立つ防災のための備えと防災グッズ静岡で防災グッズを捜すトップへ | 静岡の防災関連>>

この記事へのコメント

  • たかゃん
  • 2011年04月19日 04:20
  • 最近色々防災について騒がれていますが各自治会なども割りとしっかりと対策してませんね 指導他 防災設備会社に勤めたい!

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック

  • 阪神・淡路大震災から14年、薄れゆく防災意識に危機感を!
  • 今週末の土曜日、1月17日は「防災とボランティアの日」。 14年前、震度7という予想外の激震に日本中が震えた阪神・淡路大震災が起きた日ですね。 大きな被害のなか、政府や行政の遅い対応に批判が高まるも..
  • 2009-01-23 09:35
  • アズーチャ編集部ブログ

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。